プライバシーに関する免責事項

個人情報保護方針

個人データを処理する目的と方法
私たちのウェブサイトcaffebonini.jp (本サイト)へようこそCaffebonini S.r.l ( " caffebonini.jp ")にとってあなたの個人データのプライバシーとセキュリティは非常に重要です、なぜ私たちはあなたの個人データを細心の注意を払って収集し取り扱うのですか。安全。
以下は、によって治療に関する基本的な情報を見つけることができcaffebonini.jpのあなたのナビゲーションに関連する個人情報のcaffebonini.jpとそのサービスを使用しています。
caffebonini.jpがあなたの個人データをどのように管理しているかの詳細については、当社の個人情報保護caffebonini.jpをお読みください。
いくつかのサービスは特定の法的条件に従うかもしれません、その場合私たちはあなたにすべての適切な情報を時々与えます。

所有者は誰ですか?
以下は、データ管理者としてのVia Ippolito Rosellini, 10, 50127, Firenze (FI), Italyを拠点とするCaffebonini S.r.lによって行われるお客様の個人データの処理に関する主な情報です。
あなたのプライバシーと個人データの処理に関連する任意の明確化、質問や要件のためには、呼び出すことで「プライバシー」を選択することで、当社の顧客サービスに要求を送信することにより、いつでもご連絡することができ(+39) 055 0988166かのアドレスへの書き込みCaffebonini S.r.l事務所。
どのようなデータを処理しますか、またその理由は何ですか。
caffebonini.jp取り扱う個人データとは、注文の完了時に商品を購入した時に提供されたもの、およびcaffebonini.jp提供されるサービスをサーフィンまたは使用している間に収集されるものです。その後、 caffebonini.jpは名前や姓、配送先住所、請求先住所などの個人データ、閲覧データ、購入習慣など、お客様に関するデータを収集できます。
あなたの個人データは以下の目的で処理されます。
- caffebonini.jp提供される商品の購入契約を締結し実行する。
- ニュースレターの購読などのcaffebonini.jpサービスを提供します。
- 本サイトへの登録および登録ユーザー用に予約されているサービスの使用を許可する。
- 私たちのカスタマーサービスに転送されたあなたの要求を管理します。
上記の場合、お客様との契約を締結するか、お客様が具体的に要求したサービスを提供するために提供する必要があるため、お客様の個人データの処理は合法的です。私達はまた私達の提供そして私達のサービスを改善するためにユーザーが本サイトをどのように相互作用しそして使用するかを理解するために集約形式のデータで統計調査と分析を行います。ただし、お客様の明示的な同意がある場合にのみ、次の目的でお客様の個人データを処理します。
- コマーシャルおよびプロモーションコミュニケーション活動を実施する。
- あなたの興味に基づいてサイトと商業オファーをカスタマイズする。

誰があなたのデータを扱いますか?
あなたの個人データはデータ管理者としてCaffebonini S.r.l正当に訓練された要員によって処理されます。
さらに、 caffebonini.jpでのサービス提供に関連する組織上および機能上の必要性から、あなたのデータは私達の供給業者によって処理される可能性があります。
後者は、証明された信頼性と能力のためにCaffebonini S.r.lによって評価され選ばれました。これらの科目の中には、非EU諸国を拠点としているものもあります。その場合、これらの国でのあなたの個人データの転送は、法律で定められた保証に従って行われます。この情報は時間の経過とともに変更および追加されることがあるので、定期的に内容を確認してください。可能であれば、変更内容を速やかにお知らせします。

個人情報保護方針

  • 一般的な情報
    データコントローラは誰ですか? Via Ippolito Rosellini, 10, 50127, Firenze (FI), Italyに基づいてCaffebonini S.r.lは、データ管理者、すなわちあなたの個人データを処理する方法と理由を決定する主体です。

    あなたは、常に連絡することができますcaffebonini.jp呼び出し、上記のアドレスへの書き込みを(+39) 055 0988166私たちのカスタマーサービスにまたは書き込みを。
  • どのような個人データを収集しますか?
    個人データのカテゴリCaffebonini S.r.l閲覧したりで購入する際に収集し、取引caffebonini.jp次のとおりです。
    • a)名前と姓、電子メールアドレス、配送先住所、請求先住所、電話番号、支払いの詳細など、お客様のcaffebonini.jp購入を締結および実行するために必要な個人データを収集します。
    • b)ニュースレターサービスにサインアップしたときに、電子メールアドレスを収集します。
    • c)お客様が当社のカスタマーサービスに連絡して要求された支援を提供する際に、お客様から提供された個人データを処理します。
    • d)お客様の同意を得て、マーケティング目的でお客様の個人データを収集して使用します。
    • e)あなたのcaffebonini.jpアカウントの登録のために、私達はあなたの名前と姓、あなたの電子メールアドレス、パスワードとあなたの生年月日を集めます。あなたが登録ユーザーであるならば、我々はサイトの予約されたエリアへのあなたのアクセスに関する情報を集めます。あなたの同意を得て、あなたの個人データを分析することによって、私たちはあなたの趣味や好みに関する情報を私たちの製品やサービスに関して処理し、あなたの提案や提案をあなたの好みに沿って提示することができます。外部のソーシャルネットワークを介したcaffebonini.jpアカウントへの認証の場合、当社はこれらの第三者から、FacebookおよびGoogleを介した登録/認証に必要なデータを収集します。私達は第三者から、そして特にFacebookやGoogle+からあなたに関する情報も収集します。この情報には、次のデータカテゴリが含まれます。電子メールアドレス。
    • f)私たちはあなたが訪問したページやあなたがどのように単一のページを操作したかなど、 caffebonini.jp上でのあなたのブラウジングに関する情報を収集し、私たちはこの情報を私たちのサーバーに保存します。
    • g)第三者にCaffebonini S.r.l個人データを提供する場合、例えば、あなたが友人に配達する商品を購入する、または贈り物をすることにした場合、 Caffebonini S.r.lは第三者に配達するよう手配します。最初の通信時のプライバシーポリシー第三者の個人情報の使用には、個人情報の保護に関する規制が適用されます。

    • Caffebonini S.r.lは未成年者に関する個人データを処理しないことをお知らせします。あなたがそのcaffebonini.jpアクセスしてCaffebonini S.r.l提供するサービスを利用する場合、あなたは大多数の年齢に達したと宣言します。

    Via Ippolito Rosellini, 10, 50127, Firenze (FI), Italyに基づいてCaffebonini S.r.lは、データ管理者、すなわちあなたの個人データを処理する方法と理由を決定する主体です。
  • 収集した個人データはどのように使用しますか?
    Caffebonini S.r.lは、以下の目的でお客様の個人データを収集して処理します。
    • a) caffebonini.jp提供されている製品の購入契約を締結し実行する。あなたが購入を完了するとき、我々はあなたがクレジットカードまたはデビットカードで支払うことを選ぶならば支払い、詐欺防止チェック、請求、製品の出荷と可能な管理のような契約の実行に必要な個人データをあなたに求めます作りました。
    • b)本サイトへの登録および登録ユーザーに提供されるサービスの使用。本サイトへの登録は、本人確認と登録ユーザーに提供されるサービスの実行を保証するために必要な個人情報を含めることによって可能です。

    • c) caffebonini.jp上で提供されるサービスの提供この目的のために、 Caffebonini S.r.lは各サービスとその特性に関連して、あなたが要求したサービスの実行に必要な個人データを集める必要があります。
    • d)私達のカスタマーサービスへの要求の管理。あなたの情報の要求と援助の要求を満たすためにあなたが提供した個人データを使用します。
    • e)統計分析と調査私達は私達の提供および私達のサービスを改善するために統計分析および調査を行うのにあなたの本サイトの使用に関するいくつかの情報を使用します。
    • f)当社のいわゆるソフトスパム製品の1つを購入した後に、コマーシャルおよびプロモーション用の通信を送信する。本サイトで当社製品の1つを購入した後、当社はあなたが当社に提供したEメールアドレスに、当社の事業提案および関連する製品およびサービスを含む連絡先を送付します。
    • g)お客様の明示的な同意を得て、ニュース、新着商品、限定商品、オファー、プロモーションの最新情報を提供するために、当社がお客様の弊社製品およびサービスに関するコマーシャルコミュニケーションに提供した連絡先情報を使用することがあります。さらに、常にあなたの同意を得て、私達は私達のサービスと私達のユーザーとの関係を改善するために満足度の検出のための市場調査と調査の一部としてあなたの連絡先を使うことができます。これらのコミュニケーションは、あなたが選んだ方法(電子メール、SMS、電話、紙のメール、Whatsappを介して)によってのみ行われます。
    • H)のみ、あなたの同意を得て、 Caffebonini S.r.l上の登録ユーザとしてあなたの経験をカスタマイズすることができるようになりますcaffebonini.jp 、あなたの好みや、あなたの興味に合わせてカスタマイズ商用通信を送信するに沿って期待感とオファーを提案し、これらの通信は唯一で開催されますあなたが選んだ方法(電子メール、SMS、電話、紙のメール、Whatsapp)。
      パーソナライゼーションは、前の「購入した個人データは?」で説明した、以前の購入とその他の情報を分析することによって行われます。
      g)およびh)で言及されている活動を承認し、その後Caffebonini S.r.lからそれ以上の連絡を受けたくない場合、または連絡方法を制限したい場合は、いつでもこれらの連絡を中断することができます。適切なあなたのアクセス、各通信の下部にあるリンクを「解除」をクリックするcaffebonini.jp 、アカウントを接触させCaffebonini S.r.l呼び出す(+39) 055 0988166か、私たちのカスタマーサービスに連絡。
      一部の送信はすでに計画されているため、Googleのシステムがお客様の要求の処理に時間がかかる場合があります。


    上記のすべての活動に関連して、主にITおよび電子ツールを介してお客様の個人データを処理します。

データ保護ニュースレターの情報購読

データ管理Via Ippolito Rosellini, 10, 50127, Firenze (FI), ItalyとしてのVia Ippolito Rosellini, 10, 50127, Firenze (FI), Italy基づく会社Caffebonini S.r.lは、彼らの貢献の性質に加えて、収集された個人データの処理の目的と方法、彼らのコミュニケーションと普及の範囲とは何かについて関係者に知らせます。


目的:
処理の対象であるデータ主体によって収集された個人識別情報およびITデータは、ニュースレターの送信要求およびメーリングリストへの登録を遂行するために直接使用されます。合法性と公正性の原則、および法律の規定を完全に遵守した所有者。

治療方法:
データの処理は、特に任命された内部の個人による紙の、コンピュータ化された、そしてテレマティックなサポートを通して行われる。データは電子ファイルに、そして残りの方法で、立法者によって提供された最低限のセキュリティ対策を完全に保証しながら紙に保存されます。

コミュニケーションと普及
収集されたデータは開示されず、広められません。データ管理者以外の第三者への管理者、社内組織の内部だけでなく社外組織、および任命され指名された候補者によるコミュニケーション。上記の目的のために必要な場合は、記載された目的を正しく定期的に追求することに関与する第三者(ITの供給および支援など)がそれを予見します。いずれにせよ、第三者による処理は、正当性に従って、かつ施行されている法律の規定に従って行われます。

利害関係者の権利:

情報が第三者に一致すること:

お客様のデータは、社内連絡先、担当者、および/またはシステム管理者としての能力において、イタリアおよび海外のデータ管理者の従業員および共同作業者に上記の目的でアクセス可能にすることができます。
あなたが提供する個人情報は、 Caffebonini S.r.lグループに属する他の会社、イタリア人および/または外国人を除いて、第三者に開示されることはありません。データは、データコントローラに代わって海外にイタリアのアウトソーシングの活動を実施し、主要なサードパーティの企業や他の科目(指標クレジット、サービス供給機関など)に開示される可能性があり、正当によって任命Caffebonini S.r.lデータプロセッサとして。

同意:
同意は、フォームの下部にあるボックスにフラグを立てることによって付与されたと見なされます。


クッキー情報

クッキーとは
「クッキー」とは、ユーザーが特定のサイトにアクセスしたときに、ユーザーのコンピューター上に作成された、情報の保存と転送を目的とした小さなテキストファイルです。 CookieはWebサーバー(訪問したWebサイトが実行されているコンピューター)によってユーザーのブラウザー(Internet Explorer、Mozilla Firefox、Google Chromeなど)に送信され、後者のコンピューターに保存されます。
閲覧中に、ユーザは自分の端末で異なるサイトからのクッキー(いわゆる「第三者」クッキー)を受け取ることができ、それらは前記ウェブサイトの管理者によって直接設定され、その目的のためにおよびそれらによって定義される手順に従って使用される。

このサイトで使用されているクッキーの種類
所有者のクッキーcaffebonini.jpは技術的なクッキーを使用しています。 2014年5月8日のプライバシーコードの122および保証人の規定には、利害関係者の同意は不要です。
より正確には、このサイトは以下のクッキーを使用しています。

  1. PHPSESSID:サイトの正しい機能を管理するための技術的なクッキー。ブラウジングセッションの終了時に期限切れになる
  2. cb-enabled:ユーザーの閲覧を容易にし、それを認識し、バナーに含まれているCookieに関する短い情報が承認後も再表示されないようにする技術的なCookie。 60日後に期限切れ
  3. spothome:最初の場所が少なくとも一度はすでに見られた場合にそれを隠す技術的なクッキー。 7日後に期限切れになります。
  4. nz:正しい場所にあるサイトのバージョンにすばやくアクセスするために選択された国を格納する技術的なクッキー。
  5. ln:正しい場所にあるサイトのバージョンにすばやくアクセスするために選択された言語を格納する技術的なクッキー。
  6. _ga:統計分析に使用されるGoogle AnalyticsのCookie。
  7. _gat:統計分析に使用されるGoogle AnalyticsのCookie。
  8. fbsr_ *:ソーシャルインタラクション操作を許可するように設計されたFacebookのクッキー。

グーグルアナリティクス
当サイトはGoogle Analyticsを使用しています。これはグーグル社(「グーグル」)によって提供されるウェブ分析サービスであり、訪問されたウェブサイトを使用するためにユーザのコンピュータに保存されたクッキーを使用して統計的分析を可能にする。
Google Analyticsによって生成されたデータは、次のリンクで入手可能な情報https://developers.google.com/analytics/devguides/collection/analyticsjs/cookie-usageに示されているように、Googleによって保存されます
Google Analyticsサービスに関連するデータの独立処理の所有者であるGoogle Inc.社のプライバシーポリシーを参照するには、Webサイトhttp://www.google.com/intl/ja/analytics/privacyoverview.htmlを参照してください。

フェイスブック
サイトには、このような公式「のような」共有ととして最も一般的な社会的相互作用、許可するようにFacebookのAPIを使用していますcaffebonini.jpページを。
情報は次のリンクで見つけることができますhttps://www.facebook.com/policy.php

データ提供
通常の閲覧に厳密に必要な技術的なクッキーを除いて、データの提供は適切なバナーに含まれる短い情報を読んだ後にサイトを閲覧し、クッキーのインストールを含むサービスを利用することに決めた人の意思に任されます。
そのため、利害関係者はバナーを保存して([OK]ボタンをクリックして閉じないようにする)、またブラウザで利用可能な適切な機能を使用して、Cookieのインストールを回避することができます。

クッキーを無効にする
ブラウザごとに設定管理の手順が異なります。ユーザーは以下のリンクから特定の指示を受けることができます。

利害関係者の権利
利害関係者は、 :emailアドレスに電子メールを送信することによってデータコントローラに連絡することによって、いつでも主張することができ、これは当技術分野で述べられている権利である。 2003年6月30日付けの法令第7号第7号196、それは以下に報告されています。
立法令196/2003の第7条

  1. 利害関係者は、たとえまだ登録されていなくても、彼に関する個人データの存在の有無の確認と、わかりやすい形での彼らのコミュニケーションを得る権利を持っています。
  2. 利害関係者は表示を得る権利を有する。
    1. 個人データの出所
    2. 処理の目的と方法
    3. 電子機器の助けを借りて行われた治療の場合に適用される論理の。
    4. 第5条第2項による保有者、責任者および指定代理人の詳細を特定すること。
    5. 個人データが伝達される可能性がある対象者、または州の管轄区域内の任命された代表としてそれらについて学ぶことができる対象者または対象者のカテゴリー。
  3. 利害関係者は次のものを取得する権利があります。
    1. 更新、修正、または興味がある場合はデータの統合。
    2. データの収集またはその後の処理の目的で保存が不要なデータを含む、違法に処理されたデータのキャンセル、匿名形式への変換、またはブロック。
    3. この履行が不可能であると証明された場合を除き、a)及びb)で言及されている操作が、その内容に関しても、データが伝達又は配布されている者の注意を引いたことの証明o保護された権利に対して明らかに不均衡な手段の使用を含む。
  4. 利害関係者は、全体的または部分的に、反対する権利を有します。
    1. 合法的な理由で、たとえそれらが収集の目的に関連しているとしても、彼/彼女に関する個人データの処理。
    2. 広告または直接販売資料を送信する目的で、あるいは市場調査または商業的コミュニケーションを行う目的で、彼に関する個人データを処理すること。